みたままつりの提灯を奉納する際の値段は?

今年の夏は、東京で過ごしてみませんか?

去年はコロナ禍で開催できなかったお祭が開催されることになりました。

そのお祭りは「みたままつり」というお祭りです。

本記事では「みたままつり」についてまとめてみましたので是非最後までご覧いただきたいと思います。

  • みたままつり2022はどうなる?
  • みたままつりの歴史は?
  • みたままつりの内容は?
NAO

今回はみたままつりの2022年の様子を調べて参りましたので、是非最後までチェックしてください。

目次

みたままつりで提灯を奉納する際の値段は?

みたままつりは「ひかりの祭典」とも言われるお祭りです。

多くの提灯が並んで、ライトアップされる様はとても綺麗で見応えのある景色です。

飾られている提灯は、戦争に行った方や、遺族や友人などの多くの方々により一つ一つ奉納されているものなんです。

また、奉納している方々の中には有名人もいらっしゃるそうですよ。

そんなみたままつりの提灯は当日でも気軽に奉納できるので、足を運んだ際には奉納してみてはいかがでしょうか。

提灯は下記のお値段で奉納できるそうです。

  • 大型1灯 12000円
  • 小型1灯 3000円

みたままつり アクセス

みたままつりは靖國神社で開催されます。

靖國神社は都心に位置するため、車で行くと駐車場探しが大変です。公共の交通機関を利用するのがおすすめですよ。

電車でお越しの方は、JR飯田橋か市ヶ谷駅から徒歩約10分。

地下鉄の東京メトロや都営地下鉄をご利用の方は九段下駅から徒歩約5分となっています。

NAO

靖國神社は駅から歩いてすぐのところにありますので来場する際は電車を利用しましょう。

当日の賑わい

みたままつりの毎年の来場者数は30万人を超えるそうです。

やはり都心のお祭りであることから毎年物凄い賑わいを見せています。

拝殿の前にある神門にかかっている七夕飾りは夜にライトアップされると非常にきれいで見ごたえがあります。

この七夕飾りは毎年、宮城縣護國神社から奉納されているそうですよ。

みたままつりの歴史は?

ここからは、みたままつりの歴史を紹介していきます。

みたままつりは終戦直後に開始された行事です。

戦死者のみたま(魂)を慰める夏祭りで、現在では境内に大小3万を超える提灯が挙げられ、参道沿いや能楽堂では様々な奉納行事が行われています。

みたままつりの内容は?

みたままつりの内容について詳しく書いていきます。

大まかにいうと、多くの提灯が並びその提灯が光り輝いてきれいな景色を彩る都内最大のお祭りです。

また、みたままつりでは太鼓のパフォーマンスや、10年以上続く歌手のつのだ☆ひろさんの奉納野外コンサートも行われます。

大村益次郎像の周囲では、みたままつりの開催中、毎日盆踊りが開催されるそうです。この盆踊りは都内で最も早い開催だそうですよ。

綺麗な景色と賑やかなイベントを楽しめるみたままつり。

友達やカップル、ご家族で浴衣を着て楽しむのも乙ですね。

みたままつり2022はどうなる?

2022年のみたままつりの開催情報は発表されていませんでした。

去年はコロナウイルスの影響下でしたが、大学やテーマパーク、水族館などの娯楽施設も徐々に営業を再開しています。

東京都はコロナウイルスの感染対策に様々な努力を行っています。

ですので今年はみたままつりが開催されることに期待しましょう。

また、開催されたとしてもコロナウイルスの脅威は完全に去ったわけではありません。感染対策のルールを守って楽しく盛り上がりましょう。

みたままつりの提灯を奉納する際の値段は?まとめ

いかがでしたか?

今回はみたままつりについて調査して参りました。

みたままつりは、毎年大きな盛り上がりを見せる大きなイベントです。

夏休み頃に開催されるため東京都内だけでなく、地方からの観光客が来たり海外の方が日本の文化を知るために訪れたりします。

東京にお越しの際はみたままつりに参加していただき、東京都内の観光も楽しんでいただきたいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる